FC2ブログ

Profile

mifiko

  • Author→mifiko
  • (日々綴りはこちら↓)
    日和見路傍

    (以前別のところで書いてたものはこちら↓)
    旧・恒常道場
    ↑は昨年夏、運営会社のご都合により無くなってしまいました。
    利用されていた方、ごめんなさい。

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Categories

Archives

ブロとも申請フォーム

Links

Search

RSS

スポンサーサイト

--/--/-- [--] --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弔辞と謝辞。

2006/07/27 [Thu] 16:09


それは、嘘じゃないと思う。
目の前にあることは、
これまでと
ここと
これからの全てを内包して
ただそこにあるのだと思う。

歴史も可能性も含まれて、一点に凝縮されてここに見えている。

ほんとう、ということの寛大さは
正しさ、とはちょっと違う。
歴史にも可能性にも、
ほんとうは常に隣にいるけれど正しさはあまり用がない。
あるのは、目の前にあるもの、そのもの。
それはどんな風に見える?

理解の及ばぬ他者に自己の厳正や美学や願望を投影して生まれるものは、鏡映された自己双生児への自己審問。
そこに他者への敬意はなくあるのは焦燥苦悩閉塞感。

200606301.jpg

スポンサーサイト

<< 心耳を澄まして無声の声を聴く。 | ホーム | 諸行無私啖呵(ex.5)。 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。