FC2ブログ

Profile

mifiko

  • Author→mifiko
  • (日々綴りはこちら↓)
    日和見路傍

    (以前別のところで書いてたものはこちら↓)
    旧・恒常道場
    ↑は昨年夏、運営会社のご都合により無くなってしまいました。
    利用されていた方、ごめんなさい。

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Categories

Archives

ブロとも申請フォーム

Links

Search

RSS

スポンサーサイト

--/--/-- [--] --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「菊姫の会at松林」レポート。

2006/02/21 [Tue] 15:30


参加してまいりましたよ。
石川県の菊姫合資会社さんのお酒、「菊姫」シリーズの会。

今年は7種類のお酒で構成。以下、「おしながき」でございます。

1,(17BY)にごり酒 ・冷温
2,(17BY)超吟 無濾過生原酒 ・冷温
3,(16BY)特別限定 山廃純米 鶴乃里 ・常温&燗
4,(15BY)特別限定 山廃純米 干支ラベル(申) ・常温&燗
5,(8BY)吟醸 加陽菊酒 ・常温
6,淳 ・熱燗
7,(5BY)大吟醸 白箱 ・常温

品名の冒頭にある「BY」というのは、醸造年度(Brewery Year)の意味。「17BY」となっているやつは平成17年に作られたお酒ということだ。こうやって改めて見てみると、最新のお酒から始まって、遡及して古い(?)お酒が出されていってたのがわかる。この構成によるためか、私は5番目あたりの「加陽菊酒」が、口に入ってきたとたん突然「丸い」って感じがして面白かった。いえ、辛くてぴりぴりするお酒も好きだけど。この流れで頂いていたからそう感じたんやろうなーって。

いやー。
もう。
ご馳走様でした。
個人的に気に入ったのは、
1のにごり酒(↓)。見た目も味にも透明感があるのです。爽やかに甘い。
kikuhime2006-1.jpg

2の超吟。生原酒。これも好評でした。なにしろ蔵元さんから直でやってきてラベルもついてない状態。写真に収めたのですが、黄金色のお酒。これは菊姫の営業さんも強調されてた点で、お米のエキスと熟成の真剣さによる賜物だそうである。色をとろうと思えば活性炭で取れるらしいけど、それをやりすぎると色と共に味や香りの元まで損なわれてしまう。香味の微妙なバランスを整える努力の結果が「ほんのり薄化粧」と銘されたこの色なのです。このお話が気に入りました。
kikuhime2006-2.jpg

なぜか、ラストの大吟醸の記憶が、無いんですね。やはり飲みすぎかな。全部美味しかったんですよ、当然のことながら。3番目の鶴乃里なんか限定ものですし。ああ、もう一回最初から飲みたい。

お料理の方は、あれです、菊姫の酒粕による粕汁が出ました。おいしいおいしい。隣席のMさんから粕汁について色々教えていただけた。本来あれは、酒粕を溶いただけのスープのことらしい。食べやすいように考慮されて味噌味のものが普及してきた…とかってさ。
そして、Sさんの御仕事による特製天ぷら。茗荷と海老でしたー♪
kikuhime2006-4.jpg

写真は海老のみだ。茗荷はあっという間に消えたしね。
Sさんの天ぷら頂くのは二度目でしょうか。いつもは太白油(焙煎してない胡麻の油)をお使いなのだそうですが、今回はひまわり油をご使用とのこと。揚げたての天ぷらから、甘い香りがしました。おいしう御座いました。ごちそうさまでしたぁ

実は昨年の会も参加したので、これは比較すると面白いレポートが書けるんじゃないかしら…と思って書棚を漁ると、
地酒の会のお品書き、去年の菊姫の会の分だけ紛失してた…。
ノー!
確か、「菊理姫」とか出てた記憶があります。そういや今年は出ていませんでした。男酒・女酒ってのも去年はあったのになあ…

そうそう。今年も参加者にはお土産が用意されていました。
菊姫のクラフトマンシップ満タンのレセプションノート「菊姫之記」と
日経新聞に掲載されていた会社宣伝広告集「酒道入門」。
kikuhimenoki2006.jpg

これ、ほんとに凄い。
日本酒の作り手の想いの奥深さに涙すること必至の貴重な資料。

今年はこれらを持ち帰りやすいように、菊姫合資会社のビニール袋に入れて貰えたんだけど、
kikuhime2006fukuro.jpg
この袋が一番嬉しいかもしれない…個人的に。例の如く、「余ってるんだったらもっと欲しい」とか喚いていた記憶がありますし。


贅沢なひとときでございました。
こういうイベントでなけりゃ会えないお酒たちばかりです。
それにしても、ほとんど写真を撮ってなかったのがアホです。レポーター失格や。
ですので、各お酒の画像は菊姫さんのHPもありますが、こちらの地酒専門店さんのHPも分かり易く載ってますのでどうぞご参照くださいませ。

こんなところでいかがでしょう。

当日、本筋とは別のところで物議を醸した「ウコン茶」についてはまた別項にて!

あ。〆の十割そばについて言及してませんでしたが、ちゃんと供されてましたよ。気合百発にね。
スポンサーサイト

<< 抵抗スパイス体験。 | ホーム | 開始前。 >>


コメント

色だけでおいしそう

すごくキレイなお酒ですねー。にごり酒も美しい。あああ日本酒呑みたくなってきた。

libra55さま

写真撮る人の腕が…

良かったのかもしれません。
この黄金色は菊姫のプライドともいえる色なんだと思います。ほんまに美味しかったですよー。本文中にリンク貼った地酒屋さん、見てるうちに買ってしまいそうになりました。あかんあかん。でもまた飲みたい…

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。