FC2ブログ

Profile

mifiko

  • Author→mifiko
  • (日々綴りはこちら↓)
    日和見路傍

    (以前別のところで書いてたものはこちら↓)
    旧・恒常道場
    ↑は昨年夏、運営会社のご都合により無くなってしまいました。
    利用されていた方、ごめんなさい。

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Categories

Archives

ブロとも申請フォーム

Links

Search

RSS

スポンサーサイト

--/--/-- [--] --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

点と線と空間と。

2005/12/16 [Fri] 21:30
ある出来事が起こるのに必要な条件って。

時間。
場所。
進みたい方向。
登場人物。
大道具。
小道具。
背景。
タイミング。

こんなものでしたっけ。
この組み合わせの数だけ、出来事は展開できるんでしたっけ。たしか。
どれか一つの条件だけではそれは起こらない。
それがあったから
その人がいたから
その時だったから
それが起こった。

その出来事は、起こそうとして起きるものじゃない。
たとえば誰かが、
条件をズラリと故意に整えてみたとしても
それは出て来てくれない。
未来に起こるだろうものではなくて
過去に起こったものだったときに

「事」だったんだ、とみんなで思い出すようなものだと思う。

次どうなるかわからない。
明日どこまで行けるかわからない。
先がどこへ続くのか、わからない。
だけど進まなくては、それがどこへ向かうものだったのかも知ることができない。
知らなくてよいのなら、それでいいのかもしれないけど。

私はできるだけ、いつも真摯でそれを迎えなきゃいけないんだな。


最近よく思うのはそのようなことで。
ちょっともやもやしてる。
スポンサーサイト

<< ダークサイドにフライング。 | ホーム | 無を臨む。 >>


コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

提携文。

>交わっていることに気付いていても気付いていなくても座標軸は存在するんだなぁ・・・

うん。
なんかその感動に似たものは私も感じたときがあると思います。
とき、どころか、日々しょっちゅうそんな感じかもしれません。
それは夢の話ではなく、本人にとってはリアルなわけです。
微分積分にリアルを見出す能力もね、そのように世界を感受できてしまう人特有の技なんだと思う。

「無意識コラボ」は人間性の原点に関わるお話だと思うよ。そんな気がするだけだけど…も。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。